おめでたい席に急ピンチのプレゼント費用

  • 投稿日:
  • by

ちょうど昨年の今ごろ、久しぶりに学生時代に仲良かったテニス部のメンバー5人が集まることになって週末飲み会を開いたのですが、そこで事件が発生。

フェイスブックのほうを覗いていたら、当日の朝になってその中の一人が結婚するというニュースを知ってしまいました。

哀しいかな、ちょっと去年はいろいろ趣味のほうで散財していて蓄えが底をついていました。週明けには給料日を控えていたのですが、逆にいえば飲み会の費用を残しておくので精一杯で手持ちがまったくありません。

以前の話になりますが私が週末友人とレジャーに出かけ車で事故を起こしてしまいその代償が多額で周りに助けてもらった体験談です。

相手は4人で車に乗車しており、こちらは2人。急ブレーキをかけられ後続車である私の車両が後ろからぶつかってしまった感じの事故。

理由はどうあれ前方不注意だとか色々いわれ後続車の私が悪くいわれてしまい、警察を呼びしっかりと話はしたのですが相手は全員救急車両で運ばれ、診断書を取り仕事ができないからそれまでの生活費だとか、医療費だとかその他色々言われ全額で請求された額が400万弱。

私は去年から一人暮らしを始めたのですが、あまり貯金をしておらずに引越し代と一ヶ月生活出来るお金しか貯金していませんでした。

最初は一ヶ月も生活できれば十分だと思っていました。ですが敷金礼金や新しい家具を買っていたらお金があっという間に無くなってしまいました。

その事を友人に相談したところ貸してくれると言ってくれたのですぐに借りることにしました。

いざという時に頼れる存在

  • 投稿日:
  • by

仕事で使っていたパソコンが壊れてしまい、明日にでも新しい物を買い換えなければいけない、という事態になってしまいました。

十万前後が必要となったわけですが、恥ずかしい話でろくな蓄えもなく、すぐに現金を引き出すことは不可能でした。

そこで友人などのツテを頼り、あちこちに借金ができないかと打診してみたのですが、これが折悪しく持ち合わせがなかったり、用意出来るにしても少し時間がかかる、という話ばかりでした。土日でも今すぐにお金を借りられる方法はないものか、真剣に探しました。

私は、一番審査の通り安いレイクにお金を借りようと思い、書類を提出しましたが、審査に落ちてしまい結局、親にお金を借りることになりました。

借金の金額は50万円でしたが、世帯を持っていいる私にとっては、ちょっと貸してもらう事が恥ずかしい思いでした。

お金に困った理由は、子供が受験して私立の中学校に通う為の費用に充てる為でした。

就職活動でお金に困ってしまうこと

  • 投稿日:
  • by

私は20代の前半の時に親にお金を借りた事があります。

仕事を辞めて、すぐに就職活動を頑張っていました。ですが、中々次の仕事を決める事が出来ずに、半年以上が過ぎようとし、どんどんお金が無くなっていく事に不安を感じました。

それでも、貯金と失業保険の給付があったので、しばらくは大丈夫だったのですが、1年経っても決まらずに流石に貯金も底を尽き始めました。

お金の切れ目は縁の切れ目、そんな言葉があります。

特にこと友人についてお金の切れ目は大事だと実感しました。

私がお金を借りた金額は2万円でした、借りた理由は単純に手持ちがなかったため友人の知り合いのお店にいって飲食をするのに5000円しかないためお金を借りることになりました・・・

手持ちにお金がなかったため。

  • 投稿日:
  • by

一人暮らしをしていたある日。実家にバイクで戻っている途中に普段は何ともない道を結構な速度で飛ばしていると、後ろから赤い影が、『白バイ』スピード違反を取られてしまいました。

金額がなんと18000円、普段からあまりお金を持ち合わせていない自分は次の給料日までとてもじゃないけど生活が出来ない。

最初は友人にお金を借りようかと考えましたが、その後のこともあるため、友人ではなく両親に相談をしました。

数年前に父親が肺の病気をしてしまい、入院費用や治療費などが払えず親戚の伯母から20万円ほどお金を借りたことがあります。

もともと父は病弱で、40を過ぎたあたりから度々入退院を繰り返していましたが、そのときは入院する期間も長くなり、費用が膨らんでしまってとても私一人では払い切れず、切羽詰った状況でした。

親戚のみんなは困ったときはいつでも声をかけてね、とは言ってくれるのですが、実際にお金を貸して欲しいとは言えず困っていましたが、伯母だけは昔から何かと金銭面で助けてもらっていたので相談しやすかったです。

友人間でのお金の貸し借りに必要なこと

  • 投稿日:
  • by

私は以前友人にお金を借りました。その理由はアパートを引っ越すためにお金が必要で、自分の貯金だけでは賄いきれなかったからです。

急にお金が必要になった際、身近に借りられる人がいない場合には、消費者金融で借りるという選択肢もありますが、審査があり融資を受けることができない可能性もあるとうことで、友人から借りることにしました。

友人から借りる際のメリットは、消費者金融からお金を借りるのと異なり、金利が高くついたりすることがないということです。