お金を借りたい!今すぐお金を借りるならこの金融!

お金を借りたい!今すぐ借りたいときにおすすめのカードローンやキャッシング、消費者金融を紹介しています。

お金を借りたいとき、どこで借りるか迷うと思います。即日融資で今すぐ借りれるのはどこか。できれば低金利で借りたい。返済は口座自動引き落としなのか、ATMから返済するのに手数料はかかるのか。土日祝日も借りたいときはどこがよいかなど。

また、お金を借りる先も銀行や大手の消費者金融、非大手の中堅消費者金融、地元の街金、さらには今話題のソフト闇金など、いろんなところがあります。ヤミ金は違法業者なので借りてはダメですね(汗)

また個人事業や自営業の方が借りれるローンと会社員やサラリーマン、OLの方、パートやアルバイトの方が借りれるローンは種類も内容もかなり異なります。

人によっては自己破産などを経験し、普通のところでは借りれない方もいるでしょう。

このブログではお金を借りたいときに役立つ今すぐ借りれる消費者金融をはじめ、いろんな情報をまとめています。お金を借りたいときにぜひお役立てください。

月末、お給料前になると手持ち資金も少なくなり、何かとお金が必要になる事も多々あります。子供の塾費用、模試代、季節講習の費用、習い事費用で私のパート代は全て子供の教育費へ消えていました。

どうしようかと悩んだ事もありましたが、子供が楽しく塾生活を過ごしているので、このまま頑張って応援してあげようと思うようになり、通塾は続けています。

親が高齢になり、寝たきりで介護施設に入っていました。

夫のお給料まえになると、銀行残高も生活費のみという感じになり、何かとお金が必要になります。

子供の学費はもちろん予備校代、習い事などの教育費がかなり必要になり、パートをしていますが、全て教育費へ消える感じです。また冠婚葬祭での急な出費も続きますと、かなり家計が厳しくなり、一時的にピンチになります。

こうしたときカードローンが利用できたら、とても便利です。大手金融界社でカードローンを作りたいと思っていたので、主婦でもパート勤務していると申込できると知り、色々調べてみました。

私は予定外の出費があった時に、消費者金融を活用してお金をキャッシングしたことがあります。

突然、遠方の親戚の法事へ行かないといけないことになったのですが、遠方なのでとにかく交通費がかかりますし、若かった私はきちんとした喪服を持っていないことに気付きました。

服を買うためのお金や交通費や諸費用などをどうにか工面したいなと思い、駆け込んだのが消費者金融であるアイフルです。

最初はノーローンという名前がよくわからなかったです。金利が無料だったら貸し手側はまったくメリットが無いのではないかと思っていました。

しかし、金利無料になるためには条件がありました。その条件をよく見ると使える回数の制限が主な条件でしたので、一枚だけカードを作っておいていざとなったら借りようと思っていました。

カードローンの審査というのはきっととても複雑なものだと思っていたのですが、とても簡単で圧倒今に終わってしまいました。

私は、2人目を産んだ後、うつ状態になり、ストレス発散の為に主人のクレジットカードでブランド物のバッグや靴や指輪やネックレスや服や家電製品等を購入しました。

合計で200万位になりました。毎月の支払いをリボ払いにしたのですが、それでも毎月の支払いが多くてクレジット会社にお金を返済する事が出来なくなりました。

結果ブラックリストに載りました。主人は物凄く怒っていました。もっともな事です。それが離婚をした原因のひとつでもあります。

20代前半の頃、営業職に付いており毎日ノルマのことで上から詰められ、ストレスが常にたまっていました。

そんな時に覚えたのが風俗遊びで月に一回が次第に週1回になり、最後には3日に一回行かなければ落ち着かないという風俗依存になっていました。

当然のことながらお金が足りなくなり、手を出したのが消費者金融でした。

プロミスを選んだ理由は社名を知っていたので、近くに無人で契約が出来るところがあったからです。

終わらない借金生活

転職して初めての給料日が家賃の支払日に間に合わず、借りることにしました。

前年度の源泉徴収書で収入証明ができ、35万円程借りることができるようになりました。初めは10万円借りて、家賃やクレジットカードの支払いに充てました。

月に一万円ずつ返していき、やっと返済が終わるという頃になってまた数万円借りました。

息子の幼稚園入園で大出費

去年、1人息子が幼稚園に入園したのですが、自分の想像をはるかに超えての大出費となりました。

入学金や月々の保育料、給食費なんかは十分に計算出来ていましたが、入園前の準備にも本当にお金がかかりました。それでも、息子が通う幼稚園は制服代が安く、1万円もかかりませんでしたが、それ以外に、通園バッグ、通園用の靴、上履き、ハンカチ、ティッシュ、お弁当箱、スプーンやフォークなどのセット、おしぼり、ランチマットなどなど、用意するものはたくさんありました。

それも、ハンカチやランチマットは毎日持たせる洗い替え用として数枚ずつ必要になります。更に、通園用の洋服もせっかくだからと新調しましたが、幼稚園では園で汚してしまった時用にお着替えを園に置いておかなければならず、それも下着、靴下、ズボン、洋服をそれぞれ2~3枚ずつとかなので、毎日の通園用も含め、かなりの枚数の洋服を購入しました。

それらの買い物をクレジットカード払いであっちこっちでしていた結果、請求書が届いた時には目玉が飛び出しました。

その支払いで家計が苦しい中、保育料や給食費、あずかり保育料は全て前払いで、更に夏休みなどの長期休暇に入る前は2ヶ月分まとめて前払いしなければならなかったりして、完全に行き詰まり、お金を借りる事にしました。入園して9ヶ月ですが、支払いはまだ数回分残っています。

ただ、入園前のような出費はしばらくないと思うので、無理なく返済出来ていますし、完済後は、もう借りずに済みそうです。

私がお金を借りた時の話

私がお金を借りた時の話、それは勤めていた会社をリストラで解雇され、その時に生活費に困って親戚に借りた時の事になります。

雇用保険を貰いながらなんとか数ヶ月は生活出来ていたのですが、就職が全く決まらずにお金だけがどんどん減っていっている状況でした。

そして雇用保険の受給が終わってから三ヶ月目の事でした。どうしても生活費の支払いが出来なくなってしまったのです。色々と節約してなんとかお金を捻出しながら頑張ってきたのですが、どうしても足りなくなってしまいました。


40代主婦です。子供が中学受験で第一志望の学校に合格しました。


入学金、そして当座の授業料とあわせて100万近くが〆切までに必要となり、受験で蓄えていた貯金も半分近く使ってしまったため、そのうちの50万ほどが足りなくなってしまいました。

第一志望に合格したのは喜ばしいけど、金銭的なことを考えると手放しでは喜べない、そんな状態に当時は陥っていました。

私の両親はともに他界していて、親を頼るわけにもいきません。