お金を借りたい!今すぐお金を借りるならこの金融!

お金を借りたい!今すぐ借りたいときにおすすめのカードローンやキャッシング、消費者金融を紹介しています。

お金を借りたいとき、どこで借りるか迷うと思います。即日融資で今すぐ借りれるのはどこか。できれば低金利で借りたい。返済は口座自動引き落としなのか、ATMから返済するのに手数料はかかるのか。土日祝日も借りたいときはどこがよいかなど。

また、お金を借りる先も銀行や大手の消費者金融、非大手の中堅消費者金融、地元の街金、さらには今話題のソフト闇金など、いろんなところがあります。ヤミ金は違法業者なので借りてはダメですね(汗)

また個人事業や自営業の方が借りれるローンと会社員やサラリーマン、OLの方、パートやアルバイトの方が借りれるローンは種類も内容もかなり異なります。

人によっては自己破産などを経験し、普通のところでは借りれない方もいるでしょう。

このブログではお金を借りたいときに役立つ今すぐ借りれる消費者金融をはじめ、いろんな情報をまとめています。お金を借りたいときにぜひお役立てください。

私は、20代前半のころ、水商売で働いてました。キャバクラでした。


キャバクラでは結構稼げたほうで、だいたい月給が30万〜40万ありました。働きはじめたのは、単純に遊ぶお金が欲しかったからでした。なので、稼いだお金は貯金なんて全然せずに、ガンガン遊びに使っていました。

結婚して早5年が経ちましたが、私たちの結婚生活は借金からスタートしました。

部屋を借り、家具や家電製品を買っていくうちにお金がどんどんなくなり

いざ新婚生活がスタートするや否や、財布の中はスッカラカンになっていました。

最低限の食料品はありましたが、一週間後には断食生活をしなければならないくらいでした。

どうしようもなく、旦那の同僚に5万円借りることにしました。

私は育児中の主婦で、夫の扶養の範囲内でしか稼いでいません。

子供が成長して手が離れれば、扶養控除などは気にせずに正社員としてバリバリと働くつもりでいるのですが、我が子はまだ2歳なので、現在は育児を優先しています。

そのため現在の我が家の世帯年収は低めです。妊娠前に私が働きに出ていた時に比べると、約半分になってしまいました。

ですから時々、生活費が足りなくなってしまうことがあります。

そのような時私は、夫の了承を得た上で消費者金融でキャッシングをおこなっています。

急遽、お金が必要となり手持ちもなくカードローンに手を出してしまいました。

本当に簡単に借りられました。

私の場合、定職に就いていた事が良かったのかもしれません。

どうせ借りるのならと思い枠一杯でかりました。
上手く借りられその時は良かったのです。

"借りたお金は返す。"

当然の事です。

消費者金融のキャッシングというと、利息が高いというイメージがあります。しかし私は、キャッシング自体はよくおこなっていますが、利息の支払いをしたことはあまりありません。なぜなら、無利息期間のある消費者金融で借り、期間内に返済するようにしているからです。

私が利用している消費者金融はノーローンですが、初回に限らず何度借りても1週間以内なら無利息になります。

ですから私は、赤字で困っていても、できるだけ給料日の数日前までは節約しながら自力で頑張るようにしています。そして給料日の5日ほど前に、キャッシングするのです。

OL時代仕事が大変ですごくストレスがたまっていました。

最初は同僚と飲みに行ったりしてうさを晴らして帰って寝て、切り替えてまた次の日仕事って感じで発散はできていたのですが、そのうちイライラがたまり、買い物ばっかりするようになってしまいました。

買い物するとすごくすっとするので、毎日デパートへ寄っては何か買って帰ってましたね。それも洋服が多かったです。

その当時はボーナスもかなりもらっていたので、ボーナス払いでほぼ完済してました。

子供の病気で急な出費が相次ぎ、やむなくカードローンのキャッシングでお金を借りたことがあります。

悪いことは重なるもので、返済にあてる予定だった主人のボーナスがカットされ、予定していた返済ができなくなりました。

返済できないとなると、住宅ローンなど、今後に響いてくるかもしれないと思い、急遽リボルビング払いに切り替えて、徐々に返していくことにしました。

リボルビング払いだと、金利がとても高くなり、最終的には借りたのと同じくらいの利子を払うことになってしまうと聞きました。

毎月の夫のお給料が少しずつ減ってきて、自分も働きたいのですが、持病があるので無理ができません。娘の高校卒業が近づいたときのことです。

就職も厳しい時期で少しでも有利にするには免許取得はやはり仕方なく、自動車学校に通わせることにしましたが、自動車学校の費用のことまで考えていなかったので、貯金をあててしまっては後が不安になってしまいます。

そこで考えて夫には内緒で自分の名義で銀行で借り入れの相談にいきました。
車を購入するためのオートローンは自動車学校の費用でもオッケーということだったので、助かりました。

人生で1度だけ、お金を借りたことがあります。

自分のためではなく、家族の依頼で、やむを得ずだったのですが。

ただ、田舎でしたので、いわゆる消費者金融の店舗やATMは全くなく、急ぎでもありましたので、私がその当時所持していた何枚かのクレジットカードの中から、1番金利の安いものを選び、銀行のATMから出金して借り入れを行いました。

お金を借りるだなんて、人生で初だったため、ATMを操作する手が震えたのを覚えています(笑)

1年前旦那さんが大腸がんになってしまい3週間ほど病院生活を送り、退院してからの1ヶ月間は自宅療養をしていました。

旦那さんが働けず私だけの収入の状況になってしまいましたが、半日のパートタイムで働いていたので収入といってもほんのわずか。自分の携帯代やお小遣いでなくなってしまうほどでした。

病院代も手術や治療で大きな金額になってしまい、とても手元にある貯金だけでは無理でした。

保険に加入していましたが、審査に2ヶ月近くかかると言われ、すぐにお金が欲しい状況だった為、私の両親と、旦那さんの友人からお金を借りることになったのです。